打ち合わせ中

サービスの付加など

電卓とキーボードとメモ

カードの戦国時代到来

その利便性の高さとお手軽さから利用者を伸ばしてきたクレジットカードですが、その種類や付帯サービスによってはさまざまな手数料がかかったり、条件によってはかからなかったりと、カードを作る際にはあらかじめ確認しておきたいところです。 しかし現在は電子マネーやデビットカードの普及によって、クレジットカードもやや圧され気味であり、今後はさらなるサービスの付加や利便性の向上、また手数料の割引など、固定客を離さないための企業努力が必要となるでしょう。くわえて加盟店の負担の大きさも取り沙汰されており、競合相手のデビットカードなどに利用者が流れた場合の加盟店の今後の動きが注目されます。 いずれにせよ、カード業界は群雄割拠の様相を呈しているのは間違いありません。

あらかじめかかる手数料をチェック

クレジットカードの手数料と言っても、じつはさまざまなものがあります。たとえばカードを発行するための発行手数料があります。ただ、発行手数料を取っている会社はほとんどなく、むしろ発行時にポイントを付加してくれるところがあるほどです。 次に年会費と呼ばれる手数料があります。これはクレジットカードカード会社や種類によってまちまちで、無料のものから、数千円かかるもの、高いものだと数十万円のものもあります。一つ注意点をあげるとするならば、年会費無料が条件付の場合があるので、あらかじめ確認しておく必要があります。 最後に金利手数料がありますが、これは支払い方法によって変わってきます。一括払いでは金利はかからないところも多く、毎月の元利がちがうかわりに支払額を一定にするリボ払いというのもあります。