打ち合わせ中

開業支援を知る

握手を求める男性

開業支援サービスを上手に利用する

開業支援は民間のコンサルト企業や、公的機関が主催するところがあります。どちらも利用するのに不足するところはありませんが、公的機関のほうが安価で利用できるため、まずこちらに開業支援をしてもらい不足を感じたら民間に頼んでみるといいでしょう。 各都道府県では、定期的に中小企業向けの企業セミナーの機会を設けています。こういったところでは経営について学ぶのと同時に同じように起業する人達とも交流が持てます。 経済について学ぶのも大切ですが、人脈作りも起業においては大切なもののひとつですから、億劫がったりせず積極的に交流の機会を持つのがおすすめです。 その中にはもしかしたら同業種の人や取引先として役に立つ人材が含まれている可能性もありますから、決して付き合いや交流会への参加をおろそかにしてはいけません。

起業の支援は受けられるだけ受けておこう

開業支援のサービスでは、おおまかに起業についての必要な知識を学習するものと、各専門分野について細かく学習する機会を設けている場合があります。 民間ではそこそこの受講料が取られるものでも、公的機関なら大した受講料がかからないので、基礎的な知識の吸収は公的機関を利用して覚えていったほうが学習コストが安くすむはずです。 さらに同じ起業家として成功した人や融資担当の人間、投資家といった将来的に役に立つと思われる人材とも親交がもてるようになります。特に起業家との意見交換は、ためになる話もあるので直接交流を持つ機会があったらいろいろ会話してみるといいでしょう。 しかし開業支援を利用することでもっとも役に立つのは、担当者に直接現地指導してもらえることです。最初は何かと不慣れなことが多いので、この制度は本当に助かると思います。ぜひ頼れるところは遠慮なく頼り、独り立ちできるまでの支えになってもらうといいでしょう。